MENU

えごま油のダイエット効果と私が痩せた方法

えごま油のダイエット効果

最近話題のえごま油によるダイエットは、便秘改善で痩せるだけでなく美肌効果も期待できます。

 

えごまとはシソ科の植物で、えごま油はその葉から抽出され、しそ油とも呼ばれています。

 

えごま油は間違われやすいですが、ゴマ油の仲間ではなく、無臭で、味もクセが無くサラッとしています。そしてえごま油はサラダ油よりもサラサラとした軽い口当たりです。

 

備考>えごま油の成分、えごま油のダイエット効果、えごま油のダイエット方法、えごま油の摂取方法、えごま油の注意点

 

えごま油の含有成分について

近年の生活習慣病患者数の増加により、えごま油にはそれを予防する高い作用があるということでもえごま油は注目されています。えごま油はα-リノレン酸・ロズマリン酸等の成分を多く含有し、上記以外にもアレルギー性疾患・乳がんに良いとされています。

 

えごま油に含まれるα-リノレン酸は体脂肪を燃焼させる効果があるのですが、必須脂肪酸の一つでもあり、人間の体内では作れないため外部から摂取する必要があるものです。脂肪を分解する酵素であるリパーゼの働きを促すα-リノレン酸は、えごま油が圧倒的な保有率なのです。

 

えごま油に含まれるαーリノレン酸にはそのほかにも血流改善効果(血栓予防)アレルギー抑制効果老化予防効果うつ症状軽減効果コレステロール低減効果高血圧予防効果糖尿病予防効果動脈硬化予防効果脳卒中予防効果がん予防効果、といった効果も期待できます。

 

えごま油に含まれるロズマリン酸はポリフェノールの一種です。体内に取り入れた炭水化物はブトウ糖に分解されますが、余分なブドウ糖は中性脂肪として体内に蓄積されていきます。

 

このえごま油に含まれるロズマリン酸は、炭水化物のブドウ糖への分解作用を抑制し、中性脂肪増加を予防してくれるのです。結果的に、血糖値の上昇を抑える働きとなります。こういった二つの成分の働きにより、えごま油でのダイエットは効果が高いと言われています。

 

さらに、えごま油に含まれる不飽和脂肪酸であるオメガ3という成分は、血液をサラサラにして悪玉菌を排出促進してくれる作用があります。含有率を比較すると、コーン油1.4%、オリーブ油0.6%、えごま油では60.3%と高い含有率なのです。

 

青魚にも多く含まれるこのオメガ3は腸内老廃物の排出を促すのに加え、代謝アップ血行促進作用美肌効果もあります。

 

ダイエットとしては腸活法での便秘改善が基本となります。ダイットの為のえごま油の摂取のしかたは、飲む量はティースプーン1杯、飲む時間帯は腸が活発に活動する22時〜2時の間です。これをまずは一か月続けます。

 

毎日の食事でえごま油を摂取するのは難しい、、、

えごま油にはダイエットを含めた様々な効果があるのは分かってはいるものの
やはり、毎日、えごま油を継続して使用するのは結構面倒です。

 

毎日、料理に使用するにも、調理方法に気をつけなくてはいけませんし
普通の油より値段も高いので、長続きしないんです。

 

そこで、私が毎日、えごま油を摂取するにはどうしたら良いのか考えていた時に
ドラッグストアで見つけた

 

えごま油とアマニ油が一緒にとれる
サプリメントです。

 


えごま油のサプリメント

 

 

>>毎日の料理は難しかった私のお気に入りサプリメント<<

 

 

 

注目です!えごま油の成分、えごま油のダイエット効果、えごま油のダイエット方法、えごま油の摂取方法、えごま油の注意点

 

えごま油を摂取する際の注意点と食べ方

えごま油のダイエット効果

えごま油ティースプーン1杯で、1日必要量である2gのオメガ3を摂取することができるということになります。

 

えごま油摂取時に注意したい点は、成分が熱に弱いため熱を加えずに生で摂取する

 

身体には良いけれども油であるため、カロリーを考慮して小さじ1杯という摂取量にとどめること

 

酸化予防のため冷蔵庫保存と早めの消費、の3点です。

 

これらを考慮したえごま油の食べ方は、お料理に直接えごま油をかけるだけという簡単なものです。えごま油は以前話題となったオリーブ油のようにクセは強くありませんが、使い方は同じです。

 

ドレッシングとしてえごま油を生でかけ、タンパク質と一緒に摂取すると脳神経細胞同士のつながりも強めてくれます。

 

また、えごま油をたまごかけご飯にスプーンでかけたり、目玉焼きをご飯にのせた上にえごま油をかけ野菜を添えたり、えごま油は卵とご飯で簡単レシピとの相性も抜群です。

 

その他では、手軽に出来るのはえごま油を味噌汁に最後にかけ入れるのもお勧めです。せっかくの成分を熱で弱めないために、味噌汁をお椀によそってから、えごま油をスプーン1杯かけ入れましょう。

 

この程度の温度であればえごま油に含有されている成分は劣化しないと言われていますので大丈夫です。血流をサラサラにしてくれる納豆にえごま油をかければ、さらに効果的です。

 

えごま油をドレッシングとして使う場合は、えごま油をポン酢に混ぜれば和風ドレッシングに、えごま油をマスタードや塩コショウ酢と混ぜればフレンチドレッシングになります。

 

ダイエットとともにアンチエイジング(老化予防)として、えごま油をクレンジング・マッサージに使うことも出来ます。皮脂の汚れは油を使うと取り除きやすく、肌に直接つけマッサージすることで美肌に導いてくれるのです。

 

えごま油ダイエットは、高い含有率の有効成分を体内に取り入れることによって腸内清掃という腸活法で身体の内側から、そしてマッサージなど身体の外側からもキレイにしてくれる方法なのです。

 

そのえごま油の摂取方法も料理にかけるだけという非常に手軽なものですので、他のダイエット法ではなかなか継続させることが難しかった人でもえごま油ダイエット法であれば、三日坊主になる確率が低く比較的誰にでも挑戦することができる方法と言えるでしょう。

 

えごま油を毎日摂取することによって血流が改善され栄養がしっかり運ばれるようになり、冷え性も改善され基礎代謝も向上し、エネルギー消費量も増え、ダイエットしやすい痩せやすい体となるのです。

 

このえごま油ダイエット法を始めてすぐに体重減少が著しく目に見えるわけではありませんが、時間をかけて体を根本から健康に促してくれる方法ですので、ダイエット中も体へ大きな負担がかかることもなくダイエット成功後もリバウンドしにくい体質となります。

 

体内調整がうまくいけば肌・腸の調子も良くなり、結果的に体重が減っていきますので、このえごま油ダイエット法をまずは一か月続けてみましょう

 

参考:えごま油の成分、えごま油のダイエット効果、えごま油のダイエット方法、えごま油の摂取方法、えごま油の注意点

 

えごま油の健康効果

 

えごま油のダイエット効果

えごま油の成分のうち60%は「αリノレン酸」が占めています。これは他の植物に比べてもかなり高い含有量です。

 

なたね油、オリーブオイル、ごま油、ベニバナ油などにも含まれていますが、100gあたりのαリノレン酸の含有量は、なたね油で10g、オリーブオイル、ごま油、ベニバナ油1gです。

 

それに対して、えごま油100g中にはαリノレン酸が50gも含まれていて、断トツの含有量を誇っていることがわかります。

 

えごま油に含まれるαリノレン酸は新鮮な青魚に含まれるDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)にかわる物質で、血液をサラサラにして血栓をできにくくしてくれる効果があります。

 

脳の血流を良くするので、脳の神経細胞が活性化され、学習や記憶の能力が向上したり、認知症予防にも効果が期待できるとされています。

 

DHAやEPAの1日摂取量は約2gなので、えごま油から摂取するならば大さじ1杯(15g)程度が適量です。魚から摂るよりも吸収効率が良いというメリットもあります。

 

えごま油を使用する際に注意したいのは、加熱には不向きなところです。加熱してしまうと酸化するので、えごま油をサラダやスープなどにかけて食べると良いです。えごま油をそのままスプーンで摂取するのに抵抗がなければ、そのままスプーンで飲んでも良いです

 

現代人の食生活では、質の悪い油の摂取量が増えています。飽和脂肪酸やトランス脂肪酸といった脂質で、摂りすぎると体重増加やアレルギー疾患を引き起こす原因になります。

 

一方、えごま油に含まれるαリノレン酸を摂取することはアレルギー症状の緩和や、LDL(悪玉)コレステロールの減少につながります。これによりアトピー性皮膚炎が緩和したり、ダイエット効果を期待することができます。

 

口コミ(えごま油の成分、えごま油のダイエット効果、えごま油のダイエット方法、えごま油の摂取方法、えごま油の注意点)

 

最近注目されてきたこと

さらに最近では、えごま油に含まれる「ロズマリン」というポリフェノールにもダイエット効果があることが注目されています。小腸から分泌される消化酵素マルターゼの働きを鈍くさせて、炭水化物がブドウ糖に変化するのを抑えてくれます

 

マルターゼの働きが弱くなると炭水化物がブドウ糖にまで分解されずに、二糖類の麦芽糖(マルトース)までで分解がストップします。麦芽糖は腸管から取り込むことができないので、そのまま体外に排出されます。

 

つまり、炭水化物を食べた時の血糖値の上昇を緩やかにできるということです。また、膵臓から分泌されるインシュリンの分泌を減らすので、糖尿病予防に役立ちます。

 

えごま油のダイエット効果

インシュリンは別名肥満ホルモンと呼ばれています。ブドウ糖を脂肪細胞に溜め込ませてしまう働きがあるからです。

 

それをえごま油に含まれるロズマリンというポリフェノールが抑えてくれることで、脂肪がつきにくくなります

 

さらに、αリノレン酸は人間の細胞に含まれる脂肪を燃焼させる「ペルオキシソーム」を活性化させる働きがあります。これにより、さらなるダイエット効果が期待できます

 

えごま油に含まれるαリノレン酸がLDLコレステロールを減らし、脂肪燃焼に関与するペルオキシソームを活性化させる、えごま油に含まれるロズマリンが血糖値の上昇を緩やかにする、という3つの作用で、ダイエットに良い働きをしてくれます。

 

えごま油は畑の青魚とも呼ばれているので、魚が苦手な人でDHAやEPAを効率的に摂取したい人に適しています。えごま油に含まれるαリノレン酸にはダイエット以外にも、皮膚の健康維持を助けてくれる作用も期待できます。これはαリノレン酸のようなn-3系脂肪酸の特徴です。

 

また、最近では花粉症に対しても緩和作用があるということが注目されています。環境の変化食生活の変化が原因とされています。

 

これに対してもえごま油が有効だと言われているのは、えごま油の主成分αリノレン酸が活性化の強いアレルギーや炎症の化学伝達物質の代謝を抑制するからです。

 

質の悪い油は炎症のスイッチを入れてしまいますが、えごま油の主成分αリノレン酸のような脂質は炎症のスイッチを切る働きがあるということです。アトピー性皮膚炎で苦しんでいる子どもに対しても、n-3系の脂質が含まれた食事が推奨されています

 

アトピーを治すには和食が良いと言われています。和食というと脂質が少ない食事のように思えますが、魚の油は例外です。これには炎症のスイッチを切るn-3系脂肪酸が含まれているので、例外的に積極的に食べたい脂質に分類されています。

 

逆に牛肉バターマーガリンなどの脂質は炎症のスイッチを入れてしまうので、アトピー体質の改善のためには摂取を控えたほうが良いとされています。

 

えごま油は特別味がなく、サラッとしているのでサラダ、スープなどにかけて食べても違和感がありません。程よいアクセントになるので、えごま油は子どもでも食べやすいです。

 

子どもだけではなく高齢者に対しては、えごま油の主成分αリノレン酸が変換されてできるDHAやEPAに認知症予防の効果が期待できるので、えごま油は積極的に摂りたい油です。

 

特に認知症予防に良いとされているのはDHAですが、両方摂取することでお互いの作用を高め合うとも言われています。

 

PR☆えごま油の成分、えごま油のダイエット効果、えごま油のダイエット方法、えごま油の摂取方法、えごま油の注意点

 

亜麻仁油の効果と比較違い

 

えごま油のダイエット効果

亜麻仁油とは、中央アジア原産のアマ科の一年草で、春から夏にかけて小さな可愛らしい青紫色や白い花を咲かせます。

 

おもに、リネン製品などに多く用いられている植物で、成熟した亜麻の種子からは、「アマニ油」という黄色っぽい乾性油を採取することができます。

 

食用のほかにも、油絵具のバインダーに使われたり、木製の家具や建具などの仕上げなどにも利用されます。

 

亜麻仁油には、オメガ3脂肪酸である「α-リノレン酸」をはじめとする不飽和脂肪酸をたくさん含んでおり、最近ではサプリメントなどとしても多く販売されています。というのも、「α-リノレン酸」や「リノール酸」などは、非常に優秀な成分であるにもかかわらず、体内で生成されることはありません

 

また、非常に酸化しやすい性質を持っていますので、油とはいえ火にかけて調理することには不向きであるため、食用する場合には、ドレッシングやマヨネーズ、ソースなどの生食にしなければ、その効果を十分に得ることができません

 

亜麻仁油は、体内に取り込まれると、青魚に多く含まれているDHA(ドコサヘキサエン酸)や、EPA(エイコサペンタエン酸)に変換されるという性質を持っています。

 

DHAやEPAは、皆さんもすでにご存じのとおり、疲れている脳を活性化したり、脳に良い刺激を与えてくれるなどの作用があります。

 

また、血液の流れを良くして血栓の予防をしたり、血管を若返らせるという働きを持っています。血圧を下げる作用もありますし、DHAやEPAが不足してくると、脳や神経が疲れやすくなったり、皮膚にも異常が現れやすくなると言われています。

 

しかし、青魚がどんなに体に良いと言っても、毎日1匹以上もの魚を食べることは、なかなかできることではありません。そのため、最近になって、少量を摂取することで、十分な効果を得ることができる亜麻仁油が注目されるようになりました

 

評判*えごま油の成分、えごま油のダイエット効果、えごま油のダイエット方法、えごま油の摂取方法、えごま油の注意点

 

亜麻仁油の含有成分について

また「αーリノレン酸」は、体内に入ると「γリノレン酸」に代わるという面もあり、動脈硬化や心筋梗塞のほか、糖尿病などのさまざまな生活習慣病の予防や、アトピー性皮膚炎や花粉症などのアレルギー疾患の症状の緩和や改善にも有用であるとされています。

 

えごま油のダイエット効果

また、腸の調子を整えてくれる働きをしてくれるため、便秘を予防したり、老廃物を排出する作用もあるため、

 

美肌作りアンチエイジングターンオーバーの促進など、女性にとってはさまざまな嬉しい働きをする成分でもあります。

 

ここまで、聞くと「すぐに飲まなければ」という気持ちになってきますよね。しかし、亜麻仁油のポテンシャルの高さはそれに留まりません。亜麻仁油に含まれている注目成分に「リグナン」があります。

 

リグナンとは、植物の種子や皮、茎に多く含まれているポリフェノールの一種で、亜麻のほかには、胡麻などにも多く含まれています。

 

大豆などに多く含まれているイソフラボンと同様に、女性ホルモンのエストロゲンと似た作用をするため、ホルモンバランスの乱れを整えたり更年期障害更年期の肥満予防など、女性特有の症状の緩和や改善には、とくに必要な成分とされます。

 

また、骨粗しょう症を予防したり、コレステロールを下げるなどの作用も持っています。このように、効果をあげればキリがない優秀な成分ですが、摂取する際には、いくつかの注意事項があります。

 

おすすめ:えごま油の成分、えごま油のダイエット効果、えごま油のダイエット方法、えごま油の摂取方法、えごま油の注意点

 

亜麻仁油を使用する際の注意点と食べ方

まず、非常に酸化をしやすい成分であることから、開封後には必ず冷蔵庫での保存が必須となります。また、少なくとも2週間から長くとも1か月以内には、使い切るようにしましょう。また、火にかけての使用は、おすすめできませんので、生で食べるように注意しましょう

 

カルパッチョのソースにしたり、パスタにオリーブオイルの代わりに追いかけするなど、普段の食事に自然に取り入れることができます。

 

インゲンやホウレン草の胡麻和えに掛けたりすると、とてもよく合いますし、朝食に飲む牛乳やトマトジュースに混ぜたりすれば、ニオイや味も気にならないでしょう。

 

いろいろな摂り方をすることができますので、毎日摂取することは容易にクリアできます。また、最後にとても重要な注意事項として、どんなにアンチエイジングできるからと言って、摂取しすぎると、おう吐や下痢などの症状が出る場合があります

 

また、油ということもあり、飲みすぎれば気持ちが悪くなったり、体質によっては頭痛を引き起こしてしまう可能性もあります。また、飲みすぎれば、油ですから当然のことですがカロリーオーバーになってしまいます。

 

通常の推奨摂取量は、1日におよそ小さじ1杯から、多くても大さじ1杯くらいまでと言われています。1日2g程度が適量とされていますので、必ずその摂取量を守って取ることが大切です。

 

一度にたくさんの量を取ったからと言って、すぐに劇的な効能をもたらすものではありません。毎日、少しずつ継続していくことが最も重要です。1日小さじ1杯で十分ですので、毎日欠かさず摂取する習慣をつけていくことが、最も大切です

 

リンク=えごま油の成分、えごま油のダイエット効果、えごま油のダイエット方法、えごま油の摂取方法、えごま油の注意点

 

亜麻仁油にもダイエット効果は?

 

えごま油のダイエット効果

亜麻仁油は健康に注目される昨今、ダイエットを始めとした効果で人気を集めています。

 

アレルギー反応の緩和は、オイルが持つの作用の一つで、アレルギーに悩む現代人の味方として役立ちます。

 

食物アレルギー等は、肌に症状を引き起こしたり、影響が小さい時であっても、痒みや耐え難い症状の原因になります。しかし、亜麻仁油は体内に入る事で、症状を和らげるクッション機能を発揮します。

 

オイルが持つ真の価値は健康にあり、便秘解消や美肌効果が美しさの実現に結び付きます

 

亜麻仁油はオイルの一種なので、体内では潤滑剤として働きますし、腸ではスムーズな排便の効果を持ちます。また、質が高く良い油なので、体に蓄積される量は少なく、逆に体内の脂肪を排出する働きを行います。

 

美肌効果は老廃物の排出が切っ掛けで、水分蒸発を防ぐ保湿、そして新陳代謝を高める作用も美容に繋がります。ダイエットに取り組む際には、食生活の一環に採り入れたり、今までの油分を代替するオイルとして使う事が効果的です。

 

健康的な作用には、コレステロールを減らす働きに加えて、動脈硬化の予防や血圧低下作用も含まれます。体脂肪の燃焼は、健康の実現に不可欠なので、このオイルをダイエットに用いる事がおすすめです。

 

食生活から生活習慣病が防げると、体は健康体で美しく若くなれますし、体脂肪が減ってスタイルはスリムに変わります。食事制限や無理なダイエットは、時に健康を損なう可能性を高めますが、食生活の改善なら安全性が高いと考えられます。

 

もう一つの嬉しい作用は、血液をサラサラの状態に変化させて心臓や血管の負担を減らしたり脳に嬉しい記憶力と学習能力アップもあります。

 

食事のオイルを替えるだけで、様々なメリットが得られたり、体を健康に導く作用が実感出来るので、体内から健康体を求める人に最適といえます

 

重要!えごま油の成分、えごま油のダイエット効果、えごま油のダイエット方法、えごま油の摂取方法、えごま油の注意点

 

亜麻仁油の使用上の注意点と使用方法

えごま油のダイエット効果

注意点としては、高温や加熱に弱い性質を持っているので、火を使わないサラダのドレッシングであったり、調理の仕上げに用いる際にしてください。

 

毎日の食生活に使うと、体調が良くなり活動の意欲が高まるので、ストレスの解消にも役立つ遠因になります。

 

ストレスの多い現代社会では、目先のストレス解消の為に暴飲暴食をしたり、無意識の内に甘い食べ物やカロリーが多い物に手が伸びがちです。

 

体を動かして汗をかいたり、内面と向き合ってストレスの対処を行う事も大切ですが、食生活を見なおして改善する点もポイントになります。

 

油は一見すると、不健康で病気や老化の原因になると考えがちですが、良質な油の働きは逆で、むしろ太るどころか痩せる結果を引き寄せます。

 

勿論、体に良いからといって大量に食したり、ドリンク代わりに飲むのは間違いですが、適量なら良薬として日常生活を支えてくれます。

 

スタイルに自信が持てるように変わると、気分が明るくなって行動的に変化したり、休日も疲れとは無縁になれるので、プライベートを心の底から楽しむ事が出来ます

 

本格的に痩せたり、スタイルを整えたいのであれば、総合的に取り組む方法が適切で、無理なく続けられるやり方が成功の秘訣になります。

 

注意・えごま油の成分、えごま油のダイエット効果、えごま油のダイエット方法、えごま油の摂取方法、えごま油の注意点

 

亜麻仁油はオイルですが、本質的には多様な働きを行う存在で、使い方を間違わなければ食事がダイエットの取り組みに変化します。具体的な亜麻仁油の使い方としては、理想的な摂取量を食べる事必ず加熱を避けて食する点がコツになります。

 

特に注意が必要なのは酸化で、空気に触れさせて質を低下させたり、長期間保存した物を使わない事が大切です。オイルを使う場合には、使用する分量だけを取り出したり、ドレッシングにする時は早めに使い切る必要があります。

 

鮮度が重要な食材は、直接的な酸素の接触を始め、加熱や高温環境下、更には光の透過も劣化の要因になり得ます。未開封でも過信する事なく、開封済みはもっと慎重に保管したり、涼しくて光から守れる冷蔵庫を管理場所として考える事が重要です。

 

摂取量を厳密に守るには、計量スプーン等で量る必要はありますが、目安は大さじスプーン2杯程度が限度になります。それ以上は摂り過ぎになるので、どれだけ健康的なオイルだとしても、1日の分量は守って食べる事が欠かせません

 

新鮮な野菜であったり、適量の肉や野菜と合わせれば、体内の健康状態改善体脂肪の燃焼スタイルの変化に期待する事が出来ます。これに血液の循環を活発化させる運動を組み合わせれば、流れの良い血液が体内を駆け巡るので、美しい肌と若々しい細胞の実現も行われます。

 

肝心のダイエット効果は、短期間で結果が出せるものではありませんが、まずは1ヶ月の生活習慣を変えてみる事で、少しずつ体に変化を感じ取る事が出来るようになります。

 

細胞の材料となる食材は、食べる物が体の質を左右したり、理想と現実の距離感を変える原因になるので、口にする物を見直して食生活を変える必要性があります。

 

体形の理想像を持っていたり、美しくなりたいという希望がある時は、亜麻仁油を食生活に採り入れる事が、理想実現の心強い味方になります

 

宣伝:えごま油の成分、えごま油のダイエット効果、えごま油のダイエット方法、えごま油の摂取方法、えごま油の注意点